ローン中の車を売るには

ローン中の車を売る

ローン中の車を売るには

新しい車を購入することになると今まで乗っていた車を買取してもらうことになります。
買取をしてもらう時に気になってしまうのがローンが残ってしまったらどうなってしまうのかということです。

 

車買取の価格よりも残っているローンの方が多くなってしまうことがあります。
これは実際にとても多いことになっていて、それによって悩んでしまう方も多くいらっしゃいます。

 

ではローンが残ってしまった時にどのようなことになるのかというと、買取をしてもらうことを諦めることと、そして新たにローンを組むことになります。

 

残ってしまったローンの支払いを一括でできるのならいいのですが、しかしローンを組んでいるということもありなかなか一括で返済をすることができないことでもあります。
(車検証の所有者が自分の場合は売れますが販売店の場合は売れないケースが多い)
そうなると買取をしてもらうことを諦める(残債が買取価格よりも少ない場合)のかそれとも新たにローンを組むことになります。
ただ買い換えることで新しい自動車にローンを組んでいるので新たにローンを組むことはとても難しくなってしまいます。
なので買取をしてもらうことを諦めることになってしまいます。

 

買取を諦めても下取りをしてもらうことができます。
下取りの場合はもしローンが残ってしまっても残りのローンを新しい自動車のローンに組むことができますので、自動車を売ることができ買い換えることもできるようになっています。
ですのでその時の状況によって売る方法を変える必要があります。

 

ただし、残債によって色々と方法はありますので、悩んだり調べるよりは、車買取店に聞いた方が早いです。
残債よりも、価値が高ければ、全然問題なく売れますので。

ホーム RSS購読 サイトマップ